KoffeePhoto > ファインプリント > ファインプリントとは?

ファインプリントとは?

KoffeePhotoファインアート プリントは、ドイツ・ハーネミューレ社製アーティスト用紙とジクレープリンティング技術を採用することで、最高級で高耐久のプリント品質を提供いたします。


ジクレープリント(ジークレープリント)とは、洗練されたプロフェッショナル用インクジェットプリンターとリッピングソフトとアーカイバル品質な顔料インク及び無酸性の高級メディア用紙の組み合わせによりプリンティングすることで、最高級の品質と耐久性に優れたプリントを作成する方式として定義付けられている手法です。近年においては従来の銀塩写真やリトグラフ印刷などに代わり、世界中のプロの写真家や芸術家により作品制作のために採用されているファインアートプリンティング技術です。


KoffeePhotoファインアート プリントは、ハーネミューレ社の高級アーティスト用紙と専用のプロファイリングを用いた、独自のジクレープリンティング技術によって作られます。記念写真、ポートレート写真やアーティスティックな画像を、高耐久で芸術的な高級感のあるプリントに仕上げる事ができ、価格もお手ごろです。

KoffeePhotoJAPANのファインプリント
・プロ仕様の高級ジクレープリントをご提供。
・高級ファインアート用紙にプリント。
・長期間の展示及び保存が可能。
・記念写真、作品プリント、ディスプレイ用、白黒写真仕上げにも最適。
ファインプリントを注文
KoffeePhotoJAPANのファインプリント プリントの耐久性
フランスの公的機関であるLNE - Laboratoire national de metrologie et d'essais による耐久試験(光に対する耐久性)の結果です。
用紙の種類
耐久年数
テストの露光条件
マットファインアート
ウイリアム ターナー
William Turner 310gsm
ガラス保護で100年
保護ガラスなしで60年
EPSON PX-7500プリンター、PX-P/K3インクを使用
プリントサンプルはガラスの下に置いて露光
照度:300-800nmで490W/m2
屋内での太陽光をシミュレートしたフィルターを使用(ウインドーガラス)
黒いパネル上で温度:25℃±3℃
露光の期間:
・ 898時間で50年相当
・ 1796時間で100年相当

直射日光や空調の当たる場所には展示しないでください。
グロッシーファインアート
フォトラグ バライタ
PhotoRag Baryta 315gsm
ガラス保護で100年
保護ガラスなしで60年
ファインプリントを注文
KoffeePhotoJAPANのファインプリント プリント条件

KoffeePhotoファインプリントには8色顔料インクを使用した2880dpi高精細プリンターを使用し、ハーネミューレ純正カラープロファイルを使用して出力を行います。また出力作業はsRGB色空間で行っています。


KoffeePhotoファインプリントでは色補正、レタッチのサービスは行っておりません。また色校正のサービスも行っておりませんのでご了承ください。


弊社ではdatacolor社のSpyder3を使用してモニターキャリブレーションを行っています。

お客様のモニターもカラーキャリブレーションを行うことで、プリントに近いイメージをモニターで確認することができます。ただし、プリンターとモニターでは発色のしくみが違いますので、全く同じにはなりません。


KoffeePhotoファインプリントは高精細プリントを行いますので、撮影は最高画質モードで行うことをお奨めいたします。また、プリントサイズと画素数については注文方法のページにあるプリントサイズと画像データの項目をご確認ください。

ファインプリントを注文
ファインプリント取り扱いの注意

水、アルコール、シンナー、溶剤等で表面を拭かないで下さい。
インクジェットプリントは光や外気の影響で変化します。掲示、保存する場合もできるだけ光や外気を避け、低温・低湿の条件下で掲示、保存してください。
空気を遮断することで変色を長期間防ぐことが可能です。ガラス額、クリアファイル、アルバムなどに入れて掲示、保存してください。
溶剤などの蒸発は、変色を引き起こす可能性があります。
プリントを保存する場合、ポリエチレンの袋に入れ、封をするための粘着テープは使用しない事をお奨めします。粘着テープに含まれている溶剤の成分が、袋の中で拡散する場合があります。
ペイントを使って絵を描く部屋には、掲示、保存しないで下さい。油分や溶剤の影響がある場合があります。
書かれたばかりの絵画や新しいキャビネットは、暫くの間ペイントの成分の蒸発が続く場合があります。このような場所には掲示、保存しないでください。また、エアコン、加湿器、空気清浄機の近くにも掲示、保存しないでください。